男性も葉酸が必要です!葉酸が男性にもたらす効果とは?

葉酸が妊娠中に不足すると、先天性異常の子供が産まれてくると言う話が広まってきたせいか、女性だけが葉酸を摂れば良いのだろうと間違った認識をしている人もいるようです。
葉酸は、男性にも女性にも、全ての世代の人に必要な成分だと言って良いでしょう。
今回は、どんなふうに男性にも葉酸が必要かをみていきましょう。

 

○葉酸が不足すると生活習慣病になる!?
身体の中の細胞分裂に必要不可欠なのが葉酸です。細胞は毎日新しく入れ替わっているので、葉酸が不足すると新陳代謝が活発に行えなくなってしまいます。
活発に代謝が行われなくなってくると、コレステロールや老廃物が身体にたまりやすくなってしまいます。血液の汚れは、生活習慣病の諸悪の根源となります。
もちろん女性にも生活習慣病がありますが、外食や暴飲暴食など食生活が乱れやすいのは男性の方でしょう。
規則正しい生活が送れなくなったり、バランスの取れた食事が摂れなくなると、それだけで代謝は落ちますが、さらに葉酸不足が拍車をかけてしまうようです。葉酸不足によって、悪玉コレステロールが増えて血液の巡りがとどこおってしまうのです。
葉酸は赤血球を作るのにも必要な成分ですから、貧血にもなるでしょうし、細胞分裂が上手く行われなければ、遺伝子のエラーを起こして癌になりやすくなる可能性もあるかも知れません。

 

○不妊症は男性側にも問題点がある
男性の精子は毎日新しく作り変わっていますが、葉酸は精子を作る細胞の分裂を活性化させてくれます。葉酸が欠乏していると、遺伝子情報に問題が起こり、正常な精子が作られなくなる恐れもあります。
また、産生される精子の量にも関係があるようですので、妊娠を希望している男性は、パートナーの女性まかせにしないで、自分でも積極的に葉酸を摂る必要があるのです。
妊娠を望んでいるご夫婦でしたら、元気なお子さんを授かるため、お互い協力し合って妊活するようにしましょう。
PR:妊娠する方法

授乳中にも葉酸を摂りましょう!

葉酸は、子供が欲しいと思った時点から妊娠している期間だけ摂っていれば良いだろうと安心していませんか?
お母さんは、出産しても授乳しなければいけませんね。授乳中にも葉酸は大切な役目をしてくれているのです。
今回は、そんな新米ママさんと葉酸に関するお話です。

 

○葉酸は血液を作っている成分
母乳は、血液から作られています。そして、葉酸は血液中の赤血球を作るために欠かせない成分です。ですから、お母さんの葉酸が不足して貧血状態になってしまうと、母乳も出にくくなり、結果として赤ちゃんにも充分な栄養が届きません。
粉ミルクは完全栄養になるように調整されていますが、母乳は母親が食べたり飲んだものがダイレクトにお乳となって出てきます。栄養たっぷりのお乳を赤ちゃんに飲ませてあげるために、授乳中の母親は、葉酸の摂り方や食事の内容に気を配って下さい。

 

○赤ちゃんの健やかな発育のために葉酸が必要
赤ちゃんは、完全に母乳で育てた場合、当然ですが、お母さんのお乳から100%の栄養を摂ることになります。この母乳が栄養不足であったなら、生まれてきた子供が健やかに育つはずがありません。
葉酸は、細胞の分裂が盛んな時期には、特に必要な栄養素です。妊娠中と同じように、新生児の時期は、赤ちゃんの細胞分裂は猛スピードで進んでいきます。全てを母親に頼らなければいけない時期ですから、お母さんがしっかり葉酸を補給してあげましょう。
目には見えませんが、赤ちゃんの細胞分裂が正常に行われて、遺伝子に傷が付かないように守るのも、新米ママの大切な仕事なのです。